感覚を使いこなそう!

引きこもりがちな今の生活を、

開き直って

今は、時間大臣!

なんて思たら良いけれど、

そう思えない時もありますよね。

思ったようにできない、

思うように行動できない時は、

ついついそんな自分を、

そんな環境を疎ましく思ってしまったりして。

無い物探しのようになると、

どうしたって過去に意識が飛んでいきます。

過去の記憶の中の自分。

あの時はこうできたのに、

あの時はよかったと、

過去の記憶を懐かしむ時、

よかった記憶だけピックアップして、

つなぎ合わせてたりもします。

懐かしみたい、

あの時はよかったと思いたいという願望から。

実際にはね、

「あの時」もいろいろあったはずなんです。

不安が自分の中で蔓延していくと、

思考がどうしても堂々巡りを繰り返します。

どうして私、今、こんな状況なんだ?!

というところに戻ってきてしまいます。

こういった時に、開き直る、面白がるというのは、

かなりハードル高いのですよね。

こんな時は、自分の中の女性性、感覚的なところが

機嫌を損ねているのでは?

望む形や結果、行動といった男性性ばかりにフォーカスして、

ない!ない!と思っている状態の時、

感覚的な女性性の方を育てていってみたらどうかしら?

お部屋の中にある観葉植物に、新芽が出てきた時、

太陽の光が温かいな〜と感じた時、

お隣さんとおはよう!といった時の自分の声が

思いがけず元気だったり。

こんな小さなことで喜べるのは女性性の強みです。

小さなことで、

今あるもので喜んでしまう!

これを繰り返していると、

もっとこうなったら良いな♡という想像力が湧いてきますよ。

想像しながら、

ウフッ♡って嬉しい感覚を先取りしちゃうのもアリです。

感覚を育てていくのは、

今を生きるということでもありますね。

動画でもそんなお話してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA